• 投稿日:

1.開催日時  平成24年9月10日(月) 午後6時00分~7時00分


2.開催場所  武蔵野市吉祥寺本町1-10-7 武蔵野商工会館3階 講座室


3.出  欠  委員の総数 7名 
出席委員(6名)
副委員長 足立恵子  
委員  小美濃純彌、荒井惠鳳、栃折暢子、松岡裕子、本田拓夫
放送事業側出席  4名


4.議  題  ①番組試聴 ②番組に対する意見・感想


5.審議会での主な意見
① 番組試聴
9月1日防災の日に放送した多摩4局共同制作・同時放送の防災特別番組、および9月29日(土)から10月28日(日)開催の全国都市緑化フェアTOKYOのスペシャル番組


*委員からの主な意見
・防災特別番組で武蔵野市に避難した方にスポットを当てたのは、むさしのFM独自の考えですか? それとも脚本のようなものがあったのですか?
・9月16日(日)に開催される武蔵野市民文化祭「フェスティバル」には福島から避難している人が津軽三味線を演奏します。是非このような演奏を放送していただければ、みなさんの励みになると思います。
・「緑化フェア」は約一ヶ月と長く開催されますが、他に放送など考えていますか?


*会社からの回答
 ・むさしのFMでテーマを決めました。 多摩4局がそれぞれ持ち寄って、全体のバランスを考え決めました。
・武蔵野市民文化祭「フェスティバル」は日時を検討の上、放送します。
・「緑化フェア」は1時間の生リポート番組を放送します。 またライブイベントを期間中2回開催します。


②番組に対する意見・感想
*委員からの主な意見
・9月7日(金)の境南小学校 実習についてもう少し詳しく教えてください。
・むさしのFM市民の会企画の「発信!わがまち武蔵野人」と、夕方の番組「本日のお客様」のゲストが重複するように感じますが、どのようにすみわけをするのでしょうか? 
・9月1日の防災特別番組がありましたが、このような番組は非常に良い番組なので、1年に1回ではなく、毎月防災番組を放送したらどうですか?
・武蔵野市民にとってもこのむさしのFMが災害時には命綱になると思います。最後に残る情報伝達手段はコミュニティラジオです。是非武蔵野市民に周知させるためにも防災番組を検討してほしいです。


*会社からの回答
・学校の要請で放送課が対応しました。放送委員会の活動について、アドバイスをということで、5,6年生を対象に行いました。実際にプロのアナウンサーが学校の機材を使用し話しました。全員が非常に感激していました。
・やはりゲストは重複しないように気を付けています。「本日のお客様」はミュージシャン、タレントなどイベント関係の人を中心に出演してもらっています。
・防災番組は継続的にできるような内容で検討いたします。


以上