• 投稿日:

1.開催日時  平成26年3月12日(水) 午後2時00分~3時15分


2.開催場所  武蔵野市吉祥寺本町1-10-7 武蔵野商工会館3階 講座室


3.出  欠  委員の総数 7名 
出席委員(5名)
委員長  高田昭彦       
委 員  小美濃純彌、荒井惠鳳、松岡裕子、本田拓夫
放送事業側出席  4名


4.議  題  ①番組試聴 


5.審議会での主な意見
①番組試聴 
火曜日「ランチタイムボックス」ヒロクボタ パーソナリティ、「むさしのオンライン」名城パーソナリティの番組をお聴きください。
*委員からの主な意見
・ニュースの読みですが、BGMが合わないような気がします。ちょっと音が大きく騒がしい感じです。BGMはなくても良いのではないですか。
・ パーソナリティはトーク番組でゲストから話を聞き出すのが上手です。また番組の時間にきっちり収まるようにまとめるのはさすがプロですね。
・ゲストコーナーでABBAの日本ファンクラブ代表が来ていましたが、大変盛り上がり面白い内容でした。
・前回も感じましたが、オープニングトークで一つの話題に集中し過ぎており、話に広がりがない。もう一工夫欲しいと思いました。
・吉祥寺駅周辺帰宅困難者対策訓練でラジオ(むさしのFM)の情報が一番早く、正確でした。災害時には頼りになりますね。
・いま井の頭池のかいぼりというのをやっています。2017年井の頭100年に向けて池をきれいにしようと今年から始めました。むさしのFMとしてなにかできませんか?


*会社からの回答
・ニュースの読みはBGMが無しでもいい場合もあります。若い人と年配の方の感じ方は違います。若い人はBGMは気にならないようです。逆に年配はBGMが大きいとどちらがメインかわからなくなるようです。ニュースを読む側としてはBGMのリズムに合わせて読むと聞きやすいということも考慮しています。
・井の頭公園の件は武蔵野市観光機構とも相談し、開園100年に向けた番組を実施する予定です。現行の「井の頭公園ノート」をリニューアルし「井の頭100年カウントダウン」という番組を4月からスタートします。


以上