• 投稿日:

1.開催日時  平成26年7月18日(金) 午後2時00分~3時15分


2.開催場所  武蔵野市吉祥寺本町1-10-7 武蔵野商工会館3階 講座室


3.出  欠  委員の総数 7名 
出席委員(6名)
委員長  高田昭彦       
委 員  小美濃純彌、荒井惠鳳、栃折暢子、松岡裕子、本田拓夫
放送事業側出席  5名


4.議  題  ①「放送番組審議会規程」の一部改正について 
② 番組試聴 
③ 活動報告


5.審議会での主な意見
①「放送番組審議会規程」の一部改正について 
*会社からの説明
・「放送番組審議会規程」はこの審議会がどういうものか、どのようなことをやっていくかを定める規程です。平成25年に放送法の施行規則が変更になり、それによってこの規定を改正しました。主な改正点は 委員の人数を7人→5人 およびその任期を制限いたしました。
2年/期 再任は妨げない → 2年/期 最高3期


② 番組試聴
今回は4月から毎週月曜日に始めた石塚リポーターのリポートと武蔵野市観光機構親善大使の午後5時の時報CMを聴きました。
*委員からの主な意見
・赤十字献血センターのリポートを聴いて、行ってみたいと思い、献血をした友人がいました。
・時報は二人とも初々しいと感じました。これもコミュニティFMとして観光機構親善大使を起用した狙いですね。


*会社からの回答
・リポートを聴いていただいて、実際に献血にいらしたということは、放送が効果があったということで嬉しいです。今後も役に立つリポートを心掛けます。
・時報の二人は舞踊家と書道家で話すことが専門ではないので、新鮮で良かったのではないでしょうか。


③ 活動報告
・特になし


以上