• HOME
  • プライバシーポリシー

プライバシーポリシー

株式会社エフエムむさしの(以下、「FMM」という)は、開局以来、地域情報・文化の発信ステーションとして、コミュニティ情報、行政情報、商業情報、防災安全情報など、地域に密着した情報を市民に発信してまいりました。
FMMは、個人情報や業務執行上の機密情報など、重要な情報を多く取り扱っています。また、多くの業務が情報システムやネットワークに依存しています。  
個人の権利・利益を守り、事業の安定的・継続的な運営のためには、これらの重要な情報を様々な脅威から守り、日々適正な管理をしていかなければなりません。
この理念のもと、事業目的実現に当たり、個人情報の重要性を認識し、個人情報の保護に関する法律を始め、関係法律を遵守し、皆様の信頼に背くことのないよう以下、個人情報保護規程を制定いたしました。

FMM個人情報保護規程
1 目的
  この規程は、高度情報通信社会の進展に伴い、個人情報の利用拡大を考え、個人情報の適正な取り扱いについて基本的事項を定めるものであります。
2 定義
 (1)個人情報 個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等によって特定の個人を識別できるもの(他の情報と照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものを含む。)をいいます。
 (2)保有個人情報 FMMの社員が職務上作成し、又は取得した個人情報であって、FMM社員が組織的に利用するものとして、FMMが保有しているものをいいます。
 (3)第三者 個人情報の本人及び当該個人情報を取り扱う当社以外のものをいいます。
3 FMMの責務
  (1)個人情報の取得(収集)をするときは、取り扱う事業の目的を明確にし、当該事業の目的達成するために必要かつ最小限の範囲内で、適法かつ公正な手段により行います。
  (2)FMM社員は、職務上知り得た個人情報をみだりに他に漏らし、又は職務以外の目的で持ち出し、若しくは使用しません。退職した後も同様です。
 4 利用目的の通知
  (1)FMMは、個人情報の本人と契約するに伴って、個人情報を取得する場合や、本人が直接記載した個人情報を取得する場合は、あらかじめ利用目的を本人に通知します。
  (2)取得した個人情報の利用目的を変更したときは、個人情報の本人に通知いたします。
 5 個人情報の利用及び外部提供
  (1)FMMは、保有個人情報を取り扱う事業の目的を超えた保有個人情報の利用は行いません。
  (2)FMMは、保有個人情報の提供(以下「外部提供」という。)は行いません。
  (3)前2項の規定にかかわらず、FMMは、次のいずれかに該当する場合は、目的外利用又は外部提供をいたします。
   ①本人の同意があるとき。
   ②法令に定めがあるとき。
   ③出版、報道等により公にされているとき。
   ④個人の生命、健康、財産を守るため、緊急かつやむを得ないと認められるとき。
   ⑤①から④に掲げるもののほか、公益上特に必要がある認めるとき。
  (4)FMMは、目的外利用又は外部提供をするときは、本人及び第三者の権利利益を不当に侵害することがないようにいたします。
  (5)FMMは、(3)の規定により外部提供する場合は、外部提供を受ける者に対し、次に掲げる事項を遵守するよう求めます。
   ①秘密保持の義務
   ②申請目的以外の利用の禁止
   ③承認を受けた者以外への提供の禁止
   ④複写又は複製の禁止
   ⑤利用期間終了後の返還義務又は廃棄義務
   ⑥事故発生時における報告義務
   ⑦①から⑥に掲げるもののほか、保有個人情報の保護に関し、FMMが必要と定める事項
 6 個人情報の適正な管理
  (1)FMMは、個人情報管理責任者を置き、個人情報の適切な取り扱いがされるよう、社員を監督します。
  (2)FMMは、社員に対し、個人情報保護に関する研修を継続的に行い、個人情報の保護に努めます。
 7 委託にともなう措置
    FMMは、個人情報の処理を含む業務の全部又は一部を委託するときは、委託先が関係法令を遵守していることを確認するとともに、FMM個人情報保護規程を十分説明し、決定します。
  8 開示
    個人情報の本人から、当該本人が識別される保有個人情報の開示を求められたときは、本人であることを確認のうえで、次のいずれかに該当する場合を除き、開示します。なお、未成年者又は成年被後見人の法定代理人による開示請求がなされた場合において、開示することが当該未成年者又は成年被後見人の利益に反すると認められる場合は、この限りではありません。
  (1)本人又は第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
  (2)FMMの業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
  (3)他の法令に違反することとなる場合
  9 事故への対応
    FMMは、万が一個人情報漏えい等の事故が発生した場合、速やかにこれを公表し、事実確認、原因究明を行い、被害を最小限度に留めるとともに、適切な再発防止策を講じます。
             
 付則
  この規程は、平成25年8月1日より施行します。