第17回 武蔵境 JAZZ SESSION

NEWS

地元のアマチュアから、地域にゆかりのあるプロミュージシャンが出演し、武蔵境でジャズが楽しめる一日、
ジャズファンの多い武蔵野市ならではのイベント「武蔵境JAZZ SESSION」が開催されます。

第17回 武蔵境 JAZZ SESSION (主催 武蔵境商店会連合会/武蔵野市観光機構)
【日程】令和2年2月22日(土)
【会場】武蔵野スイングホール
【時間】昼の部 午後1時開場 午後1時30分開演 午後3時40分終了予定
夜の部 午後5時30分開場 午後6時開演 午後7時終了予定
【入場料】無料 昼の部は入退場自由。

夜の部は事前申し込みが必要で、2020年1月6日(月)までにご応募ください。
往復はがきに「武蔵境JAZZ SESSION」を明記し、郵便番号・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・
希望人数(2名まで)を必ずご記入のうえ、下記までご郵送ください。

〒180-0023 武蔵野市境南町2-10-24
武蔵境商店会連合会事務局「武蔵境ジャズセッション」係り
※お申し込みはお1人1通(定員180名を超えた場合には抽選)
※お申し込み結果は1月末に返信ハガキで通知。

【出演】
昼の部は地元聖徳学園の『聖徳学園 JAZZ BAND』、
亜細亜大学の軽音楽部『BUD ASIAN QUARTET』、
三鷹駅北口にあるJazz Session & Liveのお店Sonidoの選抜メンバーによる『SONIDO . OWL』が出演!
夜の部は、やさしく美しい⾳⾊を響かせるトランペット・フリューゲルホルン奏者の村⽥千紘と、
⼒強く繊細なタッチで鍵盤を響かせるピアノ奏者の⽥中菜緒⼦のデュオ「村田中」が出演。

【村⽥千紘/むらたちひろ】1986年東京⽣まれ。⼩学5年の時にブラスバンドでフレンチホルンを担当し、
中学の吹奏楽部でトランペットと出会いコンテストで全国⼤会に出場し、優秀賞を受賞。
高校生になってマイルス・デイヴィスにハマる。早稲⽥⼤学に⼊学すると⾳楽サークルで、
ジャズ、ラテン、ポップスなど幅広いジャンルで活動する「アンサンブルリードル」に参加、
アレンジ等を経験しプロとしての道を⽬指すようになる。
卒業後トランペット奏者の牧原正洋⽒、⼟岐英史⽒に師事しながら都内ライブハウスで活動を始める。
2015年12⽉1st アルバム「PASSION」をリリース。

【⽥中菜緒⼦/たなかなおこ】1985 年福岡県⽣まれ。幼少よりクラシックピアノを習い、
桐朋学園⼤学ピアノ科に進学し、在学中には、ブルガリア国際コンクールで1位を獲得。
その後、ジャズの勉強を始め、現在まで様々なライブやセッションに参加。
⽼舗ジャズクラブでのリーダーライブと同時に、J-POPの分野でも多くのライブ、レコーディングに参加している。
2013年〜⾃⾝のトリオで上海公演を成功させ、活動の場を海外まで広げている。
2015年リーダーアルバム「memories 」をリリース 。
2017年7月26日キングレコードより「I Fall In Love Too Easily」でメジャーデビュー。

皆様お誘い合わせのうえ、ぜひご来場下さい!

第17回JAZZ SESSIONチラシデータ表

第17回JAZZ SESSIONチラシデータ裏