2021年度前期 成蹊大学メディア・リテラシー演習記録 第14回(最終回)放送発表「生放送インタビュー 動いてみれば、変えられる!」 2021/07/09

成蹊大学メディア・リテラシー演習ブログ

授業は14回目に突入し、今日が最終日、そして我々生放送班は運命の日を迎えました。生放送班のメンバーは、それぞれの班での仕事をこなしながら生放送班の仕事もこなしていたので、大変な面もあったと思いますが、みんな言い訳を1つもせず、取り組む姿勢は素晴らしいなと感じていました。

当日は、むさしのFMさんのスタジオに入るとともに、一気に緊張感が漂い始め、頭がいっぱいいっぱいになっていましたが、小松さんの温かい雰囲気やアナウンサーである赤木くんの表情がそれらを緩和し、どこか成功を予想できていた自分が居ました。本番が始まる前には、ミキサーや構成が最終準備としてセッティングを入念にしてくれて、来る14時45分には最高の舞台で生放送番組をスタートさせることができました。

本番が始まれば、2人のトークは全く問題なく、あとは時間との格闘で、こんなにも生放送番組は大変なのだなと身をもって実感することができました。お2人には想定外の展開を用意してしまったりして申し訳ないですが、話し終わった瞬間、放送終了時間になり、ここまで履修生全員で繋いできた「バトン」はしっかりとゴールできたのではないかと感慨深いものがありました。
この約3ヶ月間、一気に大学生らしい授業を受けることができ、そして、意識が高い方々に囲まれて授業を受けられて本当に幸せでした。(S.N)

私たちの成果は、ここをクリックしてお聴きください!