成蹊大学メディア・リテラシー演習

成蹊大学文学部の学生が、コミュニティ放送の番組制作を通して、自ら情報を発信する作業を体験することにより、メディア・リテラシー=「あたえられた情報を鵜呑みにするのではなく、主体的に選び取り、意味づけていく能力」を育むことを目指して実施しています。

放送日2021年7月9日
ゲストNPO法人サラダボウル代表理事 小松由美さん
https://www.facebook.com/salad.bowl.tokyo/
内容生放送インタビュー「動いてみれば、変えられる!」 マスクの寄付事業など、小松さんは地域コミュニティをつなぐためコロナ禍でも精力的に活動しています
放送日2021年7月9日
内容録音番組コーナー(1) コロナ禍でつなぐ地域コミュニティ 「ごはんでつながる地域の輪」 武蔵野市内の子ども食堂
放送日2021年7月9日
内容録音番組コーナー(2) コロナ禍でつなぐ地域コミュニティ 「アートで繋がる地域コミュニティ」 ソーシャルアートビュー・オンライン美術鑑賞
放送日2021年7月9日
内容録音番組コーナー(3)  コロナ禍でつなぐ地域コミュニティ 「あなたの居場所はどこですか?」 地域若者サポート事業
放送日2020年1月10日
ゲスト育休取得中の中西伸介さん
内容生放送インタビュー 「みんなで考えよう お父さんの子育て」
放送日2018年7月13日
ゲスト成蹊大学理工学部 大倉元宏先生
https://researchmap.jp/read0030381/
内容生放送番組「視覚障害者支援と人間工学」 人間工学の観点から視覚障害者支援のための研究をしている成蹊大学理工学部の大倉元宏先生をゲストに迎え、研究を始めたきっかけ、ホームドアやエスコートゾーンの研究内容について生放送でうかがいました。
http://cleo.ci.seikei.ac.jp/
放送日2018年7月13日
内容録音番組コーナー(1)「目では見えない街の姿―鈴木さんと歩く吉祥寺」 サンロード、横断歩道、駅前のバスロータリー。私たちがよく知っている吉祥寺の街は、視覚障害者にとって別の姿をもっています。今回、私たちは視覚に障害をもつ高校生、鈴木さんと一緒に吉祥寺の街を歩くことで、普段気づかなかった多くのことを学びました。私たちが発見した「目では見えない街の姿」をお伝えします。